診療案内Treatment

診療案内に戻る

婦人科の診療について

子宮がん検診、感染症検査など各種婦人科検診のほか、
結婚前に妊娠・出産に影響を及ぼす疾患や性感染症がないかを
調べておくブライダルチェックをおこなっています。
検診がおわったあとは、治療の必要の有無を含めた結果について説明したり、
よりすこやかな毎日をおくるためのアドバイスをおこないます。

婦人科疾患診療について

月経異常、不正出血、膣炎・外陰炎、性感染症、子宮内膜症、子宮筋腫、
更年期障害、骨粗鬆症など婦人科疾患全般の診療を、
思春期~更年期~老年期と、幅広い年代に対応しながらおこなっています。
なお、手術が必要な場合は高次医療機関への紹介となることもあります。

子宮頸がん予防について

当クリニックは子宮頸がん予防接種指定医療機関に指定されています。
子宮頸がんは20~30代の女性に多いがんで、そのほとんどが発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によるものです。
HPVには複数のタイプがあり、子宮頸がんからよくみつかるのがHPV16型・18型です。
子宮頸がん予防ワクチンを接種すると、このHPV16型・18型の感染をほぼパーフェクトに防げます。

妊婦健診・検査のスケジュール
対象者 12歳から55歳のかたで、過去6ヶ月以内に子宮がん検診を受けていて異常なしと診断されたかた
※妊娠中または授乳中のかたは接種できません。
※他の予防接種を受けたかたは1ヶ月以上あけてから接種してください。
投与法 3回接種 1回目:初回  2回目:初回の1ヵ月後  3回目:初回の6ヵ月後
※初回、2回目の接種を受けたあとに妊娠した場合は、
出産・授乳を終えたあとに残りの接種をおこなってください。
※効果を得るため、間隔があいても必ず3回接種してください。
料金 1回 16,000円(税込)

不妊検査・治療について

基礎体チェック、子宮卵管造影検査など、さまざまな不妊検査をおこない原因をみきわめたうえで、
タイミング療法、ホルモン療法、人工授精といった一般不妊治療をおこなっていきます。
なお、体外受精・顕微授精が必要になってくる場合は、他の医療機関への紹介となります。

診療案内に戻る